緑の窓


a0280406_21371071.jpg































職場の休憩室が南側の部屋に変わりました。
昼休み、入り口近くに陣取った私の席からは緑だけの窓。
山奥の旅館にだって、こんな窓はそうありません。

時々白鷺がゆっくりと横切ったり、電線(しかも電柱は木製!)にはせわしなく尾っぽをくるくると回す百舌やおしゃべりな燕が来ています。
そういえば、少し前に職場の前の道を雄の雉が散歩しているのに出会ったりして。

先週のとても風が強い日には、赤松の花粉が大きくうねりながら谷を流れて、そこに太陽の光が写り込んでとても幻想的な景色になっていました。
この谷で生まれ育った所長も、初めて見たと驚くほど。

ああ、なんか楽園。



[PR]
# by hakoniwa-ya | 2018-05-23 22:11 | Comments(0)

大雪かき

a0280406_20205512.jpg
これは、少し前の雪の時なのだけど。
蜂たちがぶんぶん飛び出して行くので、早く何か花が咲くといいなと思っていた頃、ようやく顔を出したクロッカスに雪が降りました。
奇妙な生き物が顔をだしているみたいで、真っ白の中の黄色はとてもよく目立ちました。

そして先週の大雪は今期一番、しかも湿って重い雪でした。
とりあえず車を出さないと仕事に行けないので、車庫から道路まで雪かきをして職場に行ったのだけど
その日はみんな出張で私一人。
当然職場の車庫にも雪が積もっています。
20cm以上も積もっている雪をせっせとかいて、なんとか自分の車1台分のスペースを空けました。
もう、力尽きる寸前。
職場の方が標高が高いので、雪も深いのです。

そして、週末。
暑いくらいの日差しに雪はすっかり溶け、畑の緑もどんどん増えて行きます。
チャイブが濃い緑色でしっかりと生えてきました。
今年の初収穫です。
ポテトサラダにたくさん入れたらマヨネーズなしでもとても美味しかった。
a0280406_20210152.jpg


[PR]
# by hakoniwa-ya | 2018-03-25 20:40 | Comments(0)

冬越え



a0280406_21034776.jpg
向こうの方の集落で日本蜜蜂を飼っている人に聞いたら
「冬越えが難しい。」
と言っていました。巣箱のまわりを藁やムシロで包んだりするのだそうです。
連日マイナス10度を下回る冬場は人間でも大変です。

でもうちの場合は太い木の穴なのできっと大丈夫だろうと。
それでも、雪が吹き込んだりしていたのでちょっとイマイチなのですがクリアファイルで出入り口を狭くしてみました。
すると、そのクリアファイルの内側にうっすらと水滴がついているのです。
「ああ、生きているんだなぁ…。」
と感動したりして。
真冬でも日差しのある昼間は、偵察蜂が巣を出入りしています。
友達になって欲しくて、時々話しかけたりしているのですがわかってくれているでしょうか。

畑の隅に福寿草が咲き始めた今週は、後ろの足に白や黄色のかたまりをつけた蜂が何匹も巣に戻って来ています。
そんな写真を見せると
「わぁ、かわいい!」
と言ってくれる知り合いが随分増えました。








小さい春、みーつけた!



[PR]
# by hakoniwa-ya | 2018-03-03 21:15 | Comments(0)